Oase 100: The Architecture of the Journal

Paperback: 256 pages
Publisher: 010 NAI Publishers
Language: English
ISBN-10: 9462084319
ISBN-13: 978-9462084315
Product Dimensions: 24.8 x 17.1 x 1.9 cm
Release Date: 2018
Price: $54 USD (¥5,400 JPY)
Free Worldwide Shipment from Tokyo via airmail
Condition: new (unopened copy)

日本国内の方は下のSTORESボタンリンクからご購入いただけます。
コンディション: シールド状態の新品です

Design: Karel Martens with Aajge Martens



The 100th issue of OASE takes the journal’s long-standing collaboration with its graphic designer Karel Martens as a starting point to explore the relationship between architecture journals and graphic design. In doing so, it challenges the conventional idea that architecture journals are mere carriers of information, showing instead how these journals play a defining role in the message they convey.

Adhering to Marshall McLuhan’s famous maxim ‘the medium is the message’, it considers the graphic space of the journal, its materiality, its production, and the physical experience of reading.

Within this context, the 100th issue of OASE zooms in on the relationship between architecture journals and graphic design, starting with a historical overview before considering the specific history of OASE and the practice of its own graphic designer. The aim is to provide an insight into the close and mutually enriching relationship between the graphic design of an architecture journal and the production of architectural knowledge.

オランダの建築とグラフィックによるマガジン『OASE』の100号となった節目の一冊。OASEの歴史を1990年よりデザインディレクターを務めてきたカレルマルテンスと振り返ります。過去のカバーのカラー掲載やマルテンススタイルのタイポグラフィは必見です。デザインはもちろんマルテンス自身によるものです。

カレル・マルテンス Karel MARTENS:
グラフィックデザイナー。1961年オランダのアーネム芸術工芸大学卒業。以降、フリーのグラフィックデザイナーとして、タイポグラフィを専門に活動を続ける。クライアントワークに加えて、常に印刷作品や立体作品の制作に勤しむ。主なクライアントに、1960年代を通じて、アーネム拠点の出版社、ファン・ロッハム・スレィトラス、1975~81年SUN社(ナイメーヘン社会主義出版)がある。書籍や印刷物のほか、切手、テレフォンカード(オランダ郵政公社)等のデザイン、建築物のサイン計画やタイポグラフィック壁面なども手がける。2005年ハーレム・フィルハーモニー・ビル増築部分のガラス壁面をデザインする。これはオランダの作曲家ルイ・アンドリーセンの楽譜を視覚化した音響スペクトログラムになっている。1990年より建築誌『OASE』のデザイン責任者。主な受賞に、H.N.ヴェルクマン賞(1993年)、A.H.ハイネケン芸術賞(1996年)、ゲリット・ノルツィ賞(2012年)ほか。ハイネケン芸術賞の副賞として、作品集『Karel Martens: Printed Matter(カレル・マルテンス:印刷物)』を出版。1977~94年アーネム芸術大学、1994~97年マーストリヒトのヤン・ファン・アイク・アカデミーでグラフィックデザインを教える。1997年よりイェール大学グラフィックデザイン科シニア・クリティック。同年、ヴィハー・ビアマとともに、オランダ芸術協会管轄の高等教育機関「ヴェルクプラーツ・ティポグラフィ(WT)」を設立。2001年以降、アーマント・メーフィスとともに芸術監修を続ける。
via DNP

Post Your Thoughts