idea 323 : Wim Crouwel

Paperback: 192 pages
Publisher: Seibundo Shinkosha
Language: Japanese / English
ASIN: B000R34AOC
Product Dimensions: 29.4 x 22.4 x 1.4 cm
Release Date: 2007
Price: ¥8,000
Condition: good (pre-owned)




日本国内の方は下のボタンからご購入いただけます。
コンディション: 良い(目立ったダメージもなく良好です)


*国内のみゆうメール発送にて送料無料となります
銀行振込をご希望される方はこちらに直接ご連絡いただけるようお願いいたします。
info@page-spread.com

Special Feature: Wim Crouewel’s adventures into the experimental worldsIntroduction / Poster / Book design / Stamp, Logotype, Typeface / New Alphabet / “The WC Alphabets” Text by Sergio Polano, with William Bottin / “Type Design for the Computer Age” Text by Wim Crouwel / “Typography: A Technique of Making a Text ‘Legible’ ” Text by Wim Crouwel /Comments on Wim Crouwel

idea 323 : Wim Crouwel

Special Feature: Wim Crouwel’s adventures into the experimental worlds
Wim Crouwel (born 1928) is of the most influential dutch designers in the 20th century. His typographic designs, envisioned through his unique combination of functionalism and aesthetics, have been influential on designers of younger generations.This issue of Idea specially devoted its 190 pages to Wim Crouwel’s representative design works, including posters, book designs, logotypes, stamps, typefaces and others. His legendary New Alphabet is also introduced with full details. Two historical essay’s by Crouwel and comments from imporatant design figures are also featured.
[CONTENTS]Introduction [Japanese Only] Works of Wim Crouwel:Poster, Book design, Stamp, Logotype, Typeface, New Alphabet
The WC Alphabets
Text by Sergio Polano, with William Bottin
Type Design for the Computer Age
[1970]Typography: A Technique of Making a Text ‘Legible’
[1977]Text by Wim Crouwel
Comments on Wim Crouwel
Karel Martens, Hamish Muir, Helmut Schmid, Lars Müller, Wolfgang Weingart, Shigeru Watano, Ian Anderson, Experimental Jetset, David Quay, Tony Brook, Bibliotheque, Bryan Edmondson, Michael C. Place

特集:ウィム・クロウエルの実験イントロダクション/ポスター/ブックデザイン/切手,ロゴタイプ,タイプフェイス/ニューアルファベット/WCアルファベット 文:セルジオ・ポラノ,ウィリアム・ボッティン/コンピュータ時代のタイプデザイン 文:ウィム・クロウエル/タイポグラフィ:テキストを「可読」にする技術 文:ウィム・クロウエル/ウィム・クロウエルについてのコメント
特集:ウィム・クロウエルの実験
ウィム・クロウエル(1928−)はオランダのみならず戦後ヨーロッパを代表するグラフィックデザイナーとして革新的なヴィジョンを提示し続けてきた。機能主義を標榜しながらも,独自のシャープな美をたたえる実験的な世界が展開されるクロウエルのタイポグラフィック・デザインは,世代を超えて多くのデザイナーに影響を与えている。本特集ではクロウエルが長年にわたって手がけてきたアムステルダム市立美術館のためのポスター,カタログをはじめ,デザイン事務所トータルデザイン期の企業関連仕事,タイプフェイス,カレンダー,切手などを豊富な資料で190ページにわたって一挙に公開する。クロウエルの代名詞的な実験書体「ニューアルファベット」の見本帳を忠実に再現した綴じ込みに加え,70年代の論考二篇も特別収録した完全保存版。
【作品紹介】ポスター,ブックデザイン,切手,ロゴタイプ,大阪万博,タイプフェイス
【綴じこみ】復刻収録 ニューアルファベット見本帳
【寄稿】WCアルファベット文:セルジオ・ポラノ,ウィリアム・ボッティン
【論考】コンピュータ時代のタイプデザイン
[1970]タイポグラフィ:テキストを「可読」にする技術
[1977]文:ウィム・クロウエル
【ウィム・クロウエルについてのコメント】寄稿:カレル・マルテンス,ハミッシュ・ムーア, ヘルムート・シュミット,ラース・ミュラー,ウォルフガング・ワインガルト,綿野茂, イアン・アンダーソン,エクスペリメンタル・ジェットセット,ディヴィッド・クエイ,トニー・ブルック,ビブリオテーク,ブライアン・エドモンドソン, マイケル・C・プレイス

Post Your Thoughts