Typographic Reflections 13: Kurt Hauert

Peperback: 27 pages
Publisher: helmut schmid design
Language: English
Product Dimensions: 25.0 x 25.5 cm
Release Date: 2017
Price: ¥3,000 JPY
Condition: like new

design: helmut schmid


日本国内の方は下のボタンからご購入いただけます。
コンディション: ほぼ新品(撮影した程度でとても良い状態です)


*国内のみ、ゆうメール発送にて送料無料となります
銀行振込をご希望される方はこちらに直接ご連絡いただけるようお願いいたします。
info@page-spread.com

Kurt Hauert, born in 1924 in Aarau/Switzerland, is a
graphic designer, educator and visual artist. His prolific
design practice spans multiple decades and is
manifested through the poster, catalogue and exhibition.
He attended Allgemeine Gewerbeschule Basel (AGS)
in the late 1940s, where soon after in 1950 he began
teaching with notable teachers which included
Emil Ruder and Armin Hofmann. Hauert continued to
share his creative pursuits with students at AGS
for 35 years, placing an emphasis on honing a
“discerning eye”. After his retirement in 1988, he still
pursues and enjoys drawing.
In 2017, his work yields the question: How do we
approach notions of timelessness today?

グラフィックデザイナー・教育者・アーティストであるクルト・ハウエルト。
1924年にスイス北部のアーラウに生まれ、クラフィックデザイナーとしてポスターや
図録、展覧会のデザインを手がけた。1940年代後半にバーゼルにある
工芸専門学校(AGS)で学んだハウエルトは、1950年代初頭より同校で教育に
携わるようになる。エミール・ルーダーやアーミン・ホフマン等とともにAGSに於ける
デザイン教育の中心人物として、幅広い探究心を学生と分かち合いながら、
〈見る目〉を養う教育を続けた。1988年にAGSを退任した後もドローイングの
〈探索〉を楽しんで続けている。

本展はクルト・ハウエルトに学び、現在では友人として交流の続く
タイポグラファ、ヘルムート・シュミットが中心となり企画。1956年制作の
鉛活字によるタイポグラフィ作品〈5つの正方形の冒険〉、過去に手がけた
ポスターや図録類、加えて現在でも継続して挑戦している、PCによる
ドローイングの習作を展示する。

Post Your Thoughts

CAPTCHA