idea document: Type Design Today

Paperback: 374 pages
Publisher: Seibundoshinkosha
Language: Japanese English
ISBN-10: 441611527X
ISBN-13: 978-4416115275
Product Dimensions: 29.6 x 22.4 x 3 cm
Release Date: 2015/04
Price: ¥3,000 (Shipment Free)
Condition: New

designed by Yoshihisa Shirai,
Yuichi Kato, Takumi Egawa




日本国内の方は下のボタンからご購入いただけます。
コンディション: ほぼ新品


*国内のみ日本郵便ゆうメール発送にて送料無料となります
銀行振込をご希望される方はこちらに直接ご連絡いただけるようお願いいたします。
info@page-spread.com

Robin Kinross / Some features of the font explosion
ID-01_01_sl

Jean François Porchez : Type design that changed the outlook of Paris
ID-01_02_sl

Fred Smeijers : From punchcutting to digital type design
ID-01_03_sl

Akira Kobayashi // Originality and Redesign of a Typeface
ID-01_04_sl

André Baldinger : Succeeding Experimental Typefaces
ID-01_05_sl

LettError // Twin Cities – The typeface represents a city
ID-01_06_sl

François Rappo : Didot Elder – Radical Revival of Historical Typefaces
ID-01_07_sl

Matthew Carter : Yale University Typeface Project
ID-01_08_sl

Type foundry Today
ID-01_09_sl

Andres Janser : Frische Schriften / Fresh Type
ID-01_10_sl

Fedra : polyhistorical and synthetic quality in a type face
ID-01_11_sl

Ryuichi Tateno // Pirouette : Designing typefaces based on a practice of calligraphy
ID-01_12_sl

An Interview with Matthew Carter : The Essences of Type design
ID-01_13_sl

Sibylle Hagmann // Dwiggins Revisited
ID-01_15_sl

Paul Barnes // The story of the Guardian : typefaces 2003-2005
ID-01_14_sl

Ian Lynam // Heft, Gravy, and Swing : The Life & Times of Oswald Cooper
ID-01_17_sl

Ian Lynam // John Downer : Type Designer, Sign Painter, Gilder, Artist, Writer, and Critic
ID-01_15_sl

Helmut Schmid // “sans serif does not represent the final stage” karl gerstner international designer, artist and author new books and a new typeface
ID-01_18_sl

Critical development of sans serifs — Replica, New Rail Alphabet, Neutral
ID-01_19_sl

FUSE 1-20 From Invention to Antimatter: Twenty years of FUSE
ID-01_20_sl

私たちがPCや携帯情報端末で日常的に慣れ親しんでいる欧文フォントは、15世紀にグーテンベルクが活版印刷術を確立して以来の伝統と革新のうえに生み出されてきたものだ。

長年にわたって金属活字が主流だった欧文活字の世界に大きな技術的革新が訪れたのは、1980年代のMacintosh到来とDTP環境の普及だった。デジタル技術がそれまでの職人的世界から書体デザインを開放したことで、欧文書体は爆発的な勢いで増えていった。

1990年代は伝統書体をとりあえずデジタル化したものや、デジタルならではの可能性を追求した実験的書体が中心だったが、歴史研究の進展やコンピューターの処理能力向上、インターネットの普及とともに、近年ますます洗練された書体が生み出されるようになっている。

本書ではこのような四半世紀にわたる潮流全体をカバーし、グローバル化が進む現代において、デザイナーはもとより日々フォントに接する一般的ユーザーにとって重要なものとなっている欧文書体のデザインとその文脈を提示する。

idea-mag.comより

Post Your Thoughts