the road to basel

Hardcover: 94 pages
Author: Helmut Schmid
Publisher: Robundo
Language: German English Japanese
ISBN-10: 4947613424
ISBN-13: 978-4947613424
Product Dimensions: 25.8 x 24.8 x 1.6 cm
Release Date: 1997


the road to Basel, typographic reflections, attempts to document this creative period of modern typography. Students of Emil Ruder, now internationally active designers and teachers, reminisce, show their own work from the Basel period and compare it to works which influenced them.

Emil Ruder’s typography lives because it rejuvenates with each new task, because it evolves through thoughtful refinement.
This is demonstrated by his influential book Typographie, by his pure Works, his posters and his books. it is equally demonstrated by his students’ articles and works in this publication.
‘There must be no letting up in the determination to produce vital work reflecting the spirit of the times; doubt and perturbation are
good antidotes against the tendency to follow the line of least resistance.’

Emil Ruder will remain an inspiration and guiding force, especially in this day and age of typographic confusion.

Helmut Schmid

 

バーゼルへの道 – タイポグラフィックリフレクションはモダンタイポグラフィのこの創造に満ちた時代を記憶にとどめておこうとするものである。今日デザイナーあるいは教育者として国際的に活躍しているルーダーの教え子たちが、各々思い出を語り、バーゼル時代の自作を示し、あわせて影響を受けた作品をあげている。

エミール・ルーダーのタイポグラフィは生きている。
なぜならそれは、仕事が新しくなければ、それ自身も新しくなる柔軟性を備えているからである。
なぜならそれは、考えぬかれて、洗練されて、進化するからである。それは強力な影響力を持つ著書「タイポグラフィ」に表れている。それは、彼のポスターや本などクリスタルのように透明な作品に表れている。そしてそれは、本書に寄せられた述懐と作品によっても表されている。

「現代の精神に反映する、生き生きとした作品を生みだそうという決意をゆるめてはならない。疑問や疑念は、えてして最も無難な道に従いがちな弱腰に対する格好の解毒剤である。」

エミール・ルーダーの示唆と指導は生き続けている、
とりわけタイポグラフィが混乱している今日においては精彩を放っている。

ヘルムート・シュミット

 

 

 

Post Your Thoughts

CAPTCHA