Karel Martens: Counterprint

Paperback: 32 pages
Publisher: Hyphen Press
Language: English
ISBN-10: –
ISBN-13: 978-0-907259-25-1
Product Dimensions: 29.7 x 21.0 cm
Release Date: 2004
Price: $160 USD (¥17,600 JPY)
Free Worldwide Shipment from Tokyo
Condition: good(pre-owneded copy)

Print run: 4000 copies

The book is designed by Hans Gremmen, under the supervision of Karel Martens, at the Werkplaats Typografie in Arnhem.




日本国内の方は下のボタンからご購入いただけます。
コンディション: 良い(角上部に若干のつぶれと反りがありますが、写真のとおり概ね良好です)

*国内のみゆうぱっく発送(追跡番号付き)にて送料無料となります
銀行振込をご希望される方はこちらに直接ご連絡いただけるようお願いいたします。
info@page-spread.com

Throughout his career as a designer, Karel Martens has made artistic (uncommissioned) work. In his early days he used sheets of paper, cut to make reliefs. Then he began to make prints from Meccano, metal plates and washers, and other found objects. These prints were made in very small numbers, or were perhaps one-offs. They were studies in form and colour, done as experiments or intended as gifts to friends. The work was very much in the Dutch tradition of experimental printing (the artist H.N.Werkman is the great exemplar here). But Martens kept this work largely apart from his graphic design work. He has occasionally shown it in exhibitions, and some pieces were published in the book Karel Martens: printed matter / drukwerk.

This is the first publication devoted to Martens’s prints. It is made in association with the printer Lecturis, in Eindhoven, and is produced to the highest quality. Bound in Chinese/Japanese fashion, like the first Martens book, it has a strong quality as an object. We are producing a limited number of copies (4,000) and will not reprint. The main text in the book is an essay by the English designer Paul Elliman: ‘The world as a printing surface’. Dutch critic and teacher Carel Kuitenbrouwer provides a short introduction.
via hyphen press

デザイナーとしてのキャリアを通じて、カレル・マルテンスは芸術的な (委託されていない) 作品を制作してきました。初期の頃、彼はレリーフを作るために切り取った紙を使用していました。その後、メカノ、金属板、ワッシャー、その他のファウンド オブジェクトからプリントを作成し始めました。これらの版画は非常に少数、またはおそらく 1 回限りで作成されました。それらは形と色の研究であり、実験として行われたり、友人への贈り物として意図されていました.この作品はオランダの実験印刷の伝統に非常に近いものでした (アーティスト H.N. Werkman はここでの偉大な模範です)。しかし、マルテンスはこの仕事を彼のグラフィックデザインの仕事とは大きく分けていました。彼は時折展覧会でそれを示しており、一部の作品はカレル・マルテンスの本に掲載されました: 印刷物/drukwerk.

これは、マルテンスの版画に特化した最初の出版物です。アイントホーフェンのプリンター Lecturis と共同で製造され、最高の品質で製造されています。最初のマルテンスの本のように、中国/日本のファッションで製本されており、オブジェクトとしての強い品質を持っています.限定数 (4,000 部) を生産しており、再版は行いません。本書の本文は、英国人デザイナー、ポール・エリマンのエッセイ「印刷面としての世界」です。オランダの批評家であり教師でもある Carel Kuitenbrouwer が短い紹介をしています。この本は、アーネムの Werkplaats Typografie で、Karel Martens の監督の下、Hans Gremmen によってデザインされています。

Post Your Thoughts

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください