Takashi Kono My Momentum

Hardcover: 189 pages
Publisher: Rikuyosha
Language: Japanese English
ISBN-10: 4897370280
ISBN-13: 978-4897370286
Product Dimensions: 28.8 x 24.4 x 2.2 cm
Release Date: 1983
Price: ¥10,000
Condition: very good (Pre-owned)




日本国内の方は下のボタンからご購入いただけます。
コンディション: 良い (函欠ですが状態は良いです)


*国内のみヤマトはこブーン発送にて送料無料となります
銀行振込をご希望される方はこちらに直接ご連絡いただけるようお願いいたします。
info@page-spread.com

Kono Takashi (1906-1999), a leading force in graphic design in Japan for more than half a century, beginning in the 1930s. But Kono hardly limited his talents to book design. Rather, he is known for the breadth of his career, which included the art direction for Ozu Yasujiro’s I Was Born, But…(1932), and the exhibition design for the Japanese pavilion at the Osaka Expo in 1970. In fact, compared to his work in other genres, Kono’s book and magazine designs have really been given short shrift. So why introduce them now? The short answer is that they express his interest in modernity and locality.”
via idea-maga

グラフィックデザイナー 河野鷹思の作品集。
1930年代から半世紀にわたって日本のグラフィック・デザイン界をリードした河野鷹思(1906-1999)の,ブックデザイン,装幀,雑誌の表紙など,書物にまつわる仕事を紹介するものだが,彼はそれだけを生業にしたデザイナーではない。むしろ,小津安二郎の映画『生まれてはみたけれど』(1932年)の美術監督や,日本万国博覧会(大阪,1970年)日本館の展示デザインなど,グラフィックという枠を超えた多彩な活動で知られる人物だ。それゆえ,彼の書物にまつわる仕事は,他の分野に比べれば少しばかり軽んじられてきたといってもいい。 では,いまなぜそれを取り上げるのか……ひとことでいえば現代性(モダニティ)と地域性(ローカリティ)への関心からである。
文 川畑直道 idea 326より

Post Your Thoughts