A5/09: West Berlin Graphic Design

Paperback: 152
Illustrations: 500
Publisher: Optik Books
Language: English German
ISBN-10: –
ISBN-13: 978-3-00-063546-5
Product Dimensions: 21x 15.1 x 1.1 cm
Release Date: 2019
Price: $40 USD (¥4,000 JPY)
Free Worldwide Shipment from Tokyo
Condition: New (unopened copy)
Print run: 1000 copies

Author: Jens Müller
Design: Vista, Düsseldorf


日本国内の方は下のボタンからご購入いただけます。
コンディション: 新品(シールド状態の新品です)


*国内のみ追跡番号付きクリックポスト発送にて送料無料となります
銀行振込をご希望される方はこちらに直接ご連絡いただけるようお願いいたします。
info@page-spread.com

After the end of the Second World War, it becomes clear that the victorious powers cannot agree on a joint future for Germany. The Cold War begins. Germany is divided into two separate states. In Berlin, the division is carried out on a small scale. In 1961, the East builds a wall and turns the western part of the city into an island behind the Iron Curtain. Until the fall of the Berlin Wall in 1989, West Berlin remains a special political construct, with its own cultural scene, its own press sector, and its own graphic design.

This book tells, for the first time, the exciting design history of West Berlin. The posters of SFB, using modernist graphics to announce concerts of new music. The »Berlin Layout« by Anton Stankowski, which is considered the first modern corporate identity system for a city. The serial book covers by Christian Chruxin, who designed the publications of left-wing publishers with the aesthetics of Swiss Style. The graphic design for cultural institutions by Jürgen Spohn, Volker Noth, and Ott+Stein, which set new standards far beyond the borders of the city. The logos of West Berlin from more than three decades. The information design developed under the direction of Erik Spiekermann for Berlin’s public transportation system. The works of Jack N. Mohr, who created corporate design solutions for many local companies. Including more than 500 illustrations, numerous interviews, and in part unpublished works, this book embarks on a journey to a city that no longer exists.

第二次大戦後、東西冷戦の最中、1961年に東ドイツが東西を分断するためにベルリンの壁を建設しました。本書はこのベルリンの壁が崩壊される1989年に至るまでのベルリンカルチャーを象徴する西ベルリンのグラフィックにフォーカスしたものです。
ドイツはバウハウスやオトル・アイヒャーのCIなど日本人にとって関心が強いデザイン大国ですが、ドイツグラフィックデザインは意外に日本人にとってあまり知られてないように思います。
Anton StankowskiによるBerlin Layoutをご存知でしょうか。
Berlin Layoutは街を単なるシンボルでなくベルリン市にVIを持ち込んだ伝説的なVIです。Berlin Layoutのレギュレーション、著作物も必見です。
A5シリーズの9作目となった本書は西ベルリンにフォーカスしながらドイツグラフィックを知るきっかけとなるくらい見たことのないような新鮮な作品がたくさん収録されています。
編集者でありデザイナーであるJens Müllerによる著作物はどれも過去の焼き直しでなく、歴史上外すことができないグラフィックの事実を自身の取材によりまとめ出版に至っています。

Post Your Thoughts

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください